安全性もある

会社員の定年退職後の収入や副収入の手段として、不動産投資がここ最近、人気を集めています。
重要なのは不動産投資を行ううえでリスクを把握するすることが大事です。
不動産投資に限らず、どんな資産運用にはメリットもあれば、デメリットもあります。
一個人で不動産で投資をするのは敷居が高いと感じるのは無理ありません。
最も値段が安いといわれている個別物件のマンションでも一1室を買うのに数千万の金額がかかります。
もし支払いを現金で行えればいいのですが、普通は銀行などでローンを組んで支払っていく方が多いです。
不動産投資の魅力は毎月、家賃収入が入ってくるので安定して収入を得られるなどあり、本業の仕事を続けながら行えます。

銀行でローンを組む時に最も重視するのは 購入する物件の収益や価値ではなく 貸した相手が返済できるかどうかです。
銀行では一般的に 住宅ローンでも世帯主の年収5倍を超えるとローンの返済が難しくなるといわれています。
投資した物件の返済をしながら 自分が住んでいる物件の支払いを同時にしなければならないので 銀行はそれなりの収入がない限りローンを組んでくれません。
自分自身の生活が崩れないということは最低条件ですので、やはりそれなりの年収が必要になってきます。
不動産で資産運用をする際に注意をしたいポイントは、 家賃相場の下落や部屋の空室が出てくるなどです。
また物件が破損した際は修繕する費用もかかってきますので維持費もそれなりにかかります。