物件を購入

預貯金に偏った資産運用では、20年後や30年後にインフレによる資産の目減りが最大のリスクである。
しかし株式や不動産にもバランスよく投資を行うことで、将来的に資産を保全できるだけではなくて、大きく増やせるであろう。
特に家賃収入が得られる不動産投資であれば、毎月一定の金額が受け取れるので、給与収入や年金収入を補う副収入としても活用できるであろう。
また大規模にアパートやマンションへの投資を行う場合には、賃貸経営を本業とすることも可能である。
特に専業の賃貸オーナーになる場合には、時間的なゆとりも手に入れることができるので、更に不動産投資について学べるであろう。
また不動産による資産運用について学ぶことで、更に効率的に手持ちの物件を運用できるであろう。

しかし不動産投資のメリットが大きい一方で、様々なリスクが存在するのも事実である。
しかし事前に綿密な計画を立てて物件を購入することで、リスクの小さな資産運用が行えるので安心である。
特に注意する点としては空室のリスクがあるが、一括借り上げサービスを上手に活用することで、誰でも安心して賃貸オーナーになることができるであろう。
また定期的にリフォームを行うことで、建物の価値を高めることができるので、質の高い入居者を確保できるであろう。
そして賃貸経営ではローンを活用するのが一般的であるが、特に低金利のローンを活用するのが理想的である。
したがって融資を受ける前には、じっくりと複数の銀行のアパートローンやマンションローンを比べるのがポイントである。