経営する

投資といえば、不動産、保険、FX、株、金(きん)、日経先物取引など多くの投資物件があります。
その中で不動産は現在世界的にデフレが続いており、日本の不動産の値段は底値だという説が根強く存在します。
銀行に預ければ、2015年現在、数%以下の金利でしか金利が付きません。
それが、不動産であれば年利10%も夢ではありません。
また、投資を行うにあたって、表面利回りだけでなく修繕費などを含めた全体の維持を含めて考えないと実質的マイナスということにもなります。
資産運用するにあたり、利益が出るとそこからいろいろな計算を行い、国へ納める税金を算出しなければなりません。
そこで、重要になってくるのが良きパートナーです。

当然、不動産投資でを専門としてアドバイスを行う人達がいます。
まずは、WEB上で入手できる情報から始めるのが簡単です。
オススメは、知識だけを売りにしているアドバイザーよりも、実際に売り買いを行っているブログやナマの声を参考にしたほうが成功への近道かと思います。
その後、実際に始める際には次のような方達と付き合っていく必要があります。
証券会社、銀行員、投資家など不動産を投資として捉えている方達です。
しかし、一見同じようなアドバイスを言ってくる方達ですが、立場が違いますのでアドバイスの内容には微差があります。
その中で、あなたが付きあわなければならないのは、分析から儲かりそうな商品を薦めてくる人ではなく、実際に儲けを出している商品を教えてくれる人たちです。